【基礎編 最終回】「期間工ブログをはじめよう」⑨まずは15記事を目標に更新を続けよう

この記事は、
【期間工ブログ開設講座】
「期間工ブログをはじめよう」
⑨まずは15記事を目標に更新を続けよう
です。
基本編となる、
全10回の講座の最終回となります。

「期間工ブログをはじめよう」の説明書

【期間工ブログ開設講座】
「期間工ブログをはじめよう」は、
全10回の記事で構成されています。

各タイトルは、

⓪期間工ブログをはじめる前の準備知識
①ドメインとサーバーと収益化について
②ドメインを取得しよう
③サーバーをレンタルしよう
④取得したドメインをサーバーに設定しよう
⑤ワードプレスを使う準備をしよう
⑥SSL設定を完了させよう
⑦実際に記事を書いてみよう
⑧ワードプレスのテーマを変更してみよう
⑨まずは15記事を目標に更新を続けよう

となっています。


有料ブログを始めるための準備から
記事を書けるようになり、
ブログを収益化する直前まで
基本的な方法を説明しています。

また、有用なプラグインの紹介や、
Googleアドセンスやアフィリエイトの
審査申請方法などについては、
「期間工ブログをはじめよう(応用編)」
として、また追加で書く予定です。

収益化のための広告を設置するには
審査を受ける必要があり、
ブログを始めた直後では、
審査を通過することができません。
そのため、まずは15記事程度書くまでを
「期間工ブログをはじめよう」
ゴールとしています。

ちなみにこのサイトも、
15記事前後で審査を受けて合格したので、
一応、前例のある数字です。

最初は覚えることも多くて面倒ですが、
せっかくの機会なので、
がんばっていきましょう!



前回の講座、
⑧ワードプレスのテーマを変更してみよう
では、
ワードプレスで作ったブログの
見た目のベースとなる
テーマの変更方法を紹介しました。

今回の記事では、
Googleアドセンスなどの
アフィリエイトの審査に合格するための
目安となる15記事を書いていく上での、
コツや心構えなどについて紹介していきます。

ブログのテーマを決めてみる



最初のコツは、
「ブログのテーマを決める」です。

期間工ブログは、
「期間工」という要素を軸に
書いていくブログです。
しかし、同じ期間工ブログであっても、
記事の内容や方向性が、
どういう「属性」であるかは、
ブログごとに違っています。

例えば現役期間工が、
日々の仕事や職場であったことを
ひたすらに綴るブログであれば、
「期間工ブログ」
というカテゴリーの中でも、
「日記ブログ」となります。

期間工の募集状況や祝い金など、
期間工の就職情報に関する
情報を中心に取り扱うサイトなら、
「期間工ブログ」
というカテゴリーの中でも、
「リクルート系ブログ」となります。

ちなみに僕のブログは、
最初こそ、
会社の選び方や働いた経験の思い出話など、
「リクルート系のブログ寄り」でしたが、
途中から「考察系」がメインになり、
現在は「講座系」も作っていて、
よろずになってしまいました(笑)

ブログの記事数が増えてきたら、
少し視野を広げて
コンテンツを充実させていく、

という展開もアリです。

結局は自分のブログなので、
どのように進めていってもOKなのです。

ただ、ブログの記事を増やしていくのは
最初は特に大変だと思うので、
「自分のブログの方向性」
なんとなくでもイメージしたほうが
15記事を目指していきやすいと思います。

毎日書けなかったらまた書けばいい



1日1記事書くとして、
2週間ぐらい続ければ
15記事に到達できます。
一応、理想のペースは
それぐらいかもしれません。

ただ、あまりにも
「毎日書く」を徹底しすぎると
逆に三日坊主を誘発する
要因にもなりえます。

休日を中心に空き時間に
ちょくちょく書くようにして、
「一カ月くらいで15記事」
ぐらいを目標にしたほうが、
気持ちが楽で続けやすいのでは
ないでしょうか?

これは人によるところではありますので
自分の性格や好みを考えながら、
「自分のペース」
見つけてみてください。

“ブログを書く”ということは
新しい習慣なので
新しい習慣を身につけるには
時間がかかります。
「今日はできた」
「今日はできなかった」
トライエラーの繰り返しだと思うので、
まずはのんびりと構えて
始めてみることをおすすめします。

自分にとっての当たり前は、知らない人にとってはレア情報である


     アダム・スミス「需要と供給」

ブログを書くときに誰しも苦労するのが、

「記事のネタ」です。

どんな記事を書けば面白いのか?
どんな記事が自分らしいのか?

考えだしたら止まりません。

ネタを考えるにあたって
重要なことをひとつ紹介します。

それは、
「自分にとっての当たり前は、
 他人にとって必ずしも当たり前ではない」
です。

例えば、
トヨタ自動車で10年近く
期間工ループしているAさんがいたとします。

Aさんにとっては
トヨタ自動車期間工という
仕事や職場は当たり前になっていて、
特別ということはほとんどありません。
食堂も通勤経路も周辺状況も、
寮の設備も知り尽くしているし、
それらはAさんにとって
“普段通りの景色”です。

一方、
これからはじめて期間工を始めようと
考えているBさんがいます。
Bさんはトヨタの車が好きなので、
期間工のなかでも、
トヨタ期間工を第一に志望しています。

トヨタで一度も働いたことのないBさんは
情報を得るため、Google検索などで
必死にトヨタ期間工の情報を集めています。

このとき、Bさんにとっては、
Aさんにとって“当たり前”の
トヨタ期間工の情報が
欲しくてたまらないはずです。

Aさんにとっての当たり前は、
Bさんにとっては非日常かつ、
必要な情報なのです。

自分にとって特別感のない情報が、
他人にとっても需要がないとは限りません。

特別な記事を書こうとするのではなく、
自分にとって当たり前の記事が、
他人にとって「特別」でないかどうかを
客観的に考えてみてネタを探してみましょう。

中断しなければ、再開できる



ブログだけでなく
Youtubeなんかもそうみたいですが、
新しくこれらを始めたとしても、
かなりの割合の人が途中で
辞めていってしまうようです。

実のところ、
僕もこのブログは
最初こそ高頻度で更新していましたが、
途中で4カ月くらい?
未更新の期間がありました。
たぶん、多くの「辞めていく人」は
こういう感じでやめるんだろうなと思いました。

ただ、僕の場合は
「自分のブログを持っている」ことに
謎の自己満足を覚えていて、
アクセスもあまりなかったのに、
自分のブログを持っているだけで
うれしかったのです。

ドメイン+サーバーの維持費用は
かかっていますが、
生活を圧迫するような料金ではありません。

だから更新がなくなっても、
ブログ自体を「中断」はしませんでした。

そのおかげ?で現在もまた、
こうしてブログの更新を
再開することができています。
中断しなくてよかったなと思っています。

よほどモチベーション管理が
上手な人でない限り、
1度や2度、
ブログをやめたくなるときが
くると思います。
でも、そのときには、
「更新はしないが中断もしない」
という選択肢も考えてみてください。

中断しなければ、再開することができます。

広告審査通過が、ひとつの区切りになる



アフィリエイトや
グーグルアドセンスの
審査が通過して、
広告を設置できるようになると、
ブログを続けるモチベーションも
新たに得ることができます。

15記事あれば絶対に
審査通過するわけではないですが、
このブログもそうだったように、

目標としては妥当な数字だと思います。

また、
1記事あたりの文字数が少ない場合は
15記事でもコンテンツ不足と
判断される可能性があります。

明確な基準こそないですが、
1記事あたり1000文字くらいは
書いたほうがいいと思います。

広告を設置できれば、
とりあえず最初の門はこえられた、
という気持ちにもなれると思います。

まずはそこを目指して、
がんばっていきましょう!

講座をお読みいただき、ありがとうございました。


  と、イッヌも申しております。

「こうして僕は期間工になった」の、
【期間工ブログ開設講座】
「期間工ブログをはじめよう」
お読みいただきまして、
ありがとうございました。

これまでの講座を順番にこなしていくと、


・ドメイン取得

・サーバーをレンタル
・ワードプレスを使う準備
・ワードプレスに記事を書く
・テーマで見た目を変える
・まずは15記事を目指していく

ということの基本的な方法について
知ることができたかと思います。

ワードプレス
非常に人気のある
ブログ作成方法なので、
Google検索でもかなりの情報がヒットします。
「ワードプレスでこういうことできないかな?」
と思ったら検索してみましょう。
きっと情報が見つかると思いますし、
そうやっていくうちに
ワードプレスを使う知識もどんどん増えていきます。
(僕もまだ、完全にその途上です……)

当ブログでも、
講座の応用編として、
ワードプレスの機能などを
追加で紹介していく予定ではあります。
よかったらまたそちらも
活用してもらえると幸いです。

ブログの記事更新はこれからも
続けていきますが、
「期間工ブログをはじめよう」(基礎編)
はこれにて終了となります。


おつかれさまでした!