期間工が寮代わりにビジホに住んだ話

はじめて期間工をやったとき、
ビジホに住むことになったときの話です。

寮の代わりに住む場所

期間工として赴任したときに、
タイミング次第で寮に空きがないと
寮の代わりに別の部屋を
会社から借りることがあります。


別の部屋とは
会社が借りたレオパレス
だったりするのですが、
レアケースとして
ビジネスホテルを
指定される
ことがあります。

僕がはじめて期間工をやったとき、
「どんな寮なんだろう?」と
期待と不安で胸をいっぱいにしながら
入社日に赴いたら、
渡された入寮先の紙にビジネスホテルの
名前と住所が書いてあったため、
たいへん驚きました。


なお、そのビジホは
職場の工場からはかなり近く、
徒歩5分程度で通えたので
通勤に関しては抜群の立地でした。

ビジホの住み心地

この話をほかの人にすると、
「え!?ビジホに住めるのやったじゃん」
みたいな反応が多いのですが、
全然やったじゃんじゃないです。

ホテルは毎朝全ての部屋に清掃が入りますが
もちろん期間工ルームも例外ではありません。

仕事に行って帰ってくると、
シーツは洗い立て、ゴミ箱も空、
トイレ風呂も掃除してある……
これだけみたら最高に思えますが、
よく考えてみてください。
自分が仕事でいない間に、
自分の部屋に
自由に出入りされているということです。


ホテルの人たちはとてもいい人たちでしたが、
防犯上、貴重品なんて置けません。
自分の唯一の部屋に安心してモノを
置けないのはきついですよ……。
僕は実家が遠かったので
自分で管理せざるをえなかったので、
このあたりはかなり気を遣いました。

それから郵便物ですが、
ホテルの部屋に
ポストなんてあるわけがないので、
一旦すべてフロント預かりになります。
(ちなみに寮だと靴箱が
 ポスト代わりになってたりします。)

まあ別に変な郵便物なんて来ませんけど、
送り主の会社や個人名なんかも書いてあるし
なんかいやですよね……。

ホテルの期間は短かった

まあそんな感じで
ホテルの住み心地は
なかなかに微妙でしたが、
やはりホテルをずっと借りているのは
会社としてもコスパが良くないのでしょう。
わずか2か月ほどで寮に移動してくださいと
同じホテルの全員に通達がでました。

また住みたいとは思いませんが、
かなり貴重な経験ができたのは
確かでした。
ある意味、こういうのも期間工の
醍醐味だと僕は思っています。

まとめ

・入社時に寮がいっぱいだと、
 寮代わりに別の場所を
 指示されることがある。

・レアケースとして
 寮の代わりに
 ビジホに住む期間工がいる。

・ビジホはプライベートが確保しにくく
 家として住むには向いていない。