新型コロナウイルスの影響による、 期間工の今後について

新型コロナウイルスの影響が、
自動車産業の製造にも及び始めています。
期間工をとりまく環境は、
今後どういった変化を
経験していくのでしょうか。

2020年3月3日現在の状況

新型コロナウイルスの感染拡大により
中国の工場稼働に甚大な影響が発生したことから、
日本の自動車メーカーの
自動車部品の供給にも遅れが出始めました。

↓こちらはロイター通信の記事です

部品が足りなければ車の生産を行えないので、
各自動車メーカー共に
対応に当たっているようですが、
コロナウイルスの影響が落ち着くまで、
一時的な減産は避けられない
状況になってきています。

期間工の身近で起きている変化

予定していた休日出勤が中止
残業カット
交代制勤務が平常勤務へ変更など、
各現場でいろいろな対応・変化が
起きているようです。

期間工の新規採用に関しては
一部のメーカーや工場では
現在も採用自体は行っているようですが、
全体数は多くありません。
また、感染拡大を防ぐために、
採用面接会が中止や延期されるなどの
対応も十分にありえる状況です。

期間工の新規採用を、一時的に抑えている可能性

来月の4月には
「同一労働同一賃金」が施行されます。

実際にスタートしてから、
具体的にどういった影響がでるのか、
各企業が非正規・正規従業員に対して
どういう説明と対応を行うのか。
施行一カ月前になった現在でも
不透明なままなので、
各大手企業も世間の様子を
伺っているように感じられます。

コロナウイルスの影響はもちろんですが、
「同一労働同一賃金」の先行きが
不透明なことも含めた、
二重の意味で、
期間工の新規採用が意図的に
一時ストップされている
可能性
は十分あると思います。

(同一労働同一賃金がもたらす
 社会の変化が想定以上に大きかった場合、
 期間工を大量に抱えていることが
 そのまま企業のリスクになる可能性を
 できるだけ避けようとしている、
 ということです)

コロナが終息すれば、第二次期間工バブルの可能性も

可能性の話になりますが、
これから夏にかけて気温と湿度が上昇すると
インフルと同じように、コロナウイルスも
一時終息に向かっていくことが予想できます。

その時は「同一労働同一賃金」の雇用への影響も
ある程度は分かってきている時期かとは思います。

そうすると期間工の新規採用を抑えている
「コロナ」「同一労賃」の二重の枷(理由)が、
ほぼ同時期に解消されることになります。

さらに、工場の稼働が正常化したら、
現在部品供給の遅れによって発生している
生産の遅れを挽回しなくてはなりません。
挽回生産をするとなれば、
新たに人手が必要になります。

以下はキャノンの工場に関する
ニュースですが、
一時的に工場をストップする代わりに、
再開後に休日出勤などで
挽回生産を行う予定のようです。

Yahoo!ニュース
キヤノン5工場が一時停止 中国から部品供給に遅れ(テレビ朝日系(ANN)) - Yaho...
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20200229-00000023-ann-bus_all
新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、キヤノンはデジタルカメラを生産する工場の稼働を約2週間、停止します。 稼働を停止するのは大分や長崎、宮崎など九州の5つの工場で、期間は来月2日から13日までです - Yahoo!ニュース(テレビ朝日系(ANN))


自動車メーカーも、
もし挽回生産を行うとなれば、
期間工、もしくは
同一労賃施行後の“新期間工?”を
新しく採用する必要がでてきます。
しかも多数の自動車メーカーが
ほぼ同時に、です。

そうなってくると期間工の人材は
また取り合いの状況になりますので、
2017年頃に起こった期間工バブルが
また発生するかもしれません。

※期間工バブルとは※
期間工人材獲得の競争過熱により、
入社祝い金が倍プッシュされること。
数年前の期間工バブルのときには、
入社祝い金だけで70万円クラスの
求人が普通にあった。

まずは感染拡大の防止に努めましょう

コロナが終息したら、
すべてまた元通り、
と考えるのが
楽観論であることは承知しています。

そもそもコロナウイルスに関して
現在ここまで騒がれているのは、
まだ明確な治療法が
完全に確立されていないことと、
初流行のため
季節をまたいだ歴史的経験がなく、
気温と湿度が上昇したら
(季節が変わったら)終息する、
ということが保証できないからです。

しかしコロナウイルスも
インフルエンザウイルスと
同じようにウイルスの一種であり、
感染拡大しているのが
低温、低湿の冬である現在、
ということを考えると、
普通に考えれば
夏にかけて鎮静化していくはずです。

鎮静化によって社会不安が低減すれば、
消費者の反発需要や株価の反発上昇も
一時的ではあっても起こり得ますので、
第二次期間工バブルというのも
まったく的外れな話ではない
僕は考えています。

とはいえ、
現状の社会の課題としては、
まず感染拡大を防ぐことが第一ですので、
うがい、手洗い、不要不急の外出を控える、
体調が悪くなったら外出はしないなど、
厚生労働省などが公示している情報等を
活用し、感染予防や拡大防止に
個人レベルでも努めていきましょう。

↓厚生労働省のコロナウイルスに関するページ

期間工の仕事をしていると
テレワークや在宅勤務は不可能ですので、
直接出勤はせざるを得ません。

それでも食事前休憩時間
終業後手洗いやうがいを
習慣化していくことが大切だと思います。