期間工はコミュ障でもできるか?

期間工はコミュニケーションが苦手でも
やっていけるのか?
説明していきます。

コミュ障でも期間工はできる

期間工は工場作業だから
コミュニケーションが下手でも
やっていけるかな?と
考える人は多いと思います。

実際、コミュミケーションが苦手そうでも
期間工をずっと続けてる人はいますし、
結論からいえば
コミュ障でも期間工はできます。

ただし、いくつか
気を付けておくべき点があります。

最低限の礼儀と応対は必要

コミュニケーションが
下手でも期間工はできますが、
最低限の礼儀と応対は必要です。

礼儀とは、要するに敬語です。
社員はみな期間工からすれば
上司にあたるので、
年齢に関係なく敬語を使いましょう。

次に応対とは、返事のことです。
・はい、わかりました
・お願いします
・ありがとうございます
・ごめんなさい

喋りが下手でも、
この4つだけでほぼ乗り切れます。
言い換えれば、
この4つは絶対に必要な最低条件です。

下手に居場所を求めようとしない

期間工として配属されて2週間もすれば、
自分の部署(チームや班)で
中心となっている数人のグループが
1つか2つあることに気づくと思います。

そのグループをちょっと観察してみて、
喋り方やノリ、話題が
自分とは違うなと思ったら
絶対に近づかないでください(笑)
合わない水に入ろうとしても
溺れるだけです。

コミュニケーションが苦手でも
期間工を長期間
続けている人たちの特徴は、
変に輪に入ろうとしていないことです。

前項で述べた
「敬語」
「4つの応対」
そして、
「主要グループに下手に近づかない」

これだけ守れば期間工は
コミュ障でも十分やっていけます。

あとはひたすらに
自分の工程に向き合い、
自分の工程の
プロフェッショナルになりましょう。

まとめ

・コミュ障でも期間工はできる

・会話は下手でもいいので、
 敬語や最低限の返事だけ徹底しよう

・孤独になっても
 自分の工程のプロになれば、
 仕事では必要とされるようになる