同一労働同一賃金で、期間工はどう変わるか?(前編)

来年2020年の4月より、
同一労働同一賃金が開始するようです。

これは前編の記事です。
後編の記事はこちら

同一労働同一賃金とは?

同一労働同一賃金とは、
同じ仕事(業務)をしているのであれば、
正規・非正規の間で待遇に違いをつけず、
同じにするというものです。

具体的には、
基本給や賞与、住宅手当や子供手当など
給与面におけるほとんどすべてにおいて、
正規・非正規で差をつけてはならない、
というものです。

「同一の仕事内容」には
責任や判断も“業務”として含まれる

ただ、誤解してはならないのは、
「同一の仕事内容」というのは、
製造の作業(特定のライン作業)
のこと“だけ”ではありません。
トラブル時の判断を求められたり、
その責任を負うような立場にあることも
「仕事内容」に含まれます。

例えば同一のライン上で、
労働強度的にもだいたい同じくらいの
ライン作業工程を担当している、
正社員Aさんと期間工Bさんがいます。
この2人は一見、「同一の仕事内容」
をこなしているようにみえます。

しかしBさんをはじめ周りの人達が、
何かトラブル発生時には
正社員であるAさんに
対処判断を求めていたとします。
するとAさんは、
「トラブル発生時の判断業務」
も併せて行っているため、
工程作業のみの期間工Bさんとは
「同一の仕事内容」とは言えません。

これは、例えば、ファミレスの業務において、
ほとんど同じホール業務を行う
社員とアルバイトの両者であっても、
トラブル時に対応と責任を求められる社員は
アルバイトと同じではないということと同じです。

もっとも影響を受けるのは……

同一労働同一賃金によって、
もっとも影響を受ける立場の人は、
責任のうすい社員
でしょう。
特に肩書もなく、
期間工と同じように工程のみを担当し、
かつ判断業務なども発生していない正社員。
こういった方は期間工と「同一労働」ですので、
賃金が同じでないとダメとなってしまうわけです。

これまでは終身雇用制度
および年功序列により、
勤続年数が長ければそれだけで
給与に反映されていましたが、
今後はそうもいかなくなってくる、
ということです。
逆にこれは勤続年数が短くても、
重要な仕事や責任を担っていれば
給与に反映されるということです。

つまり新卒の若手社員も
大きく影響を受ける対象
ということです。
ただ勤め続けるだけでは年功序列による
給与アップがのぞめなくなってくるうえ、
期間工のような非正規の中から
仕事のできる人間が抜きんでてくる可能性が
これまでよりも大きくなってくるからです。

大企業に入社できたから勝ち、
という神話はなくなってしまい、
「入社してからどうするか?」
を考えることが重要になってくるでしょう。

期間工はどう変わるか?

では、同一労働同一賃金によって、
期間工は今後どう変わっていくのか、
この記事の本題に入っていこうと思います。

僕が予想する期間工の状況変化は、
以下の3つです。

1.正社員、または無期契約社員への
登用がこれまでよりも活発になる。
合格率も高くなりハードルが下がる。


2.同じ期間工の中でも、
給与が同じではなくなる(ランク制の導入)


3.正社員の解雇規制が緩くなると同時に
期間工も解雇が簡単になる。


順番に説明していきたいと思いますが、
記事が少し長くなってしまったので、
次回の記事で続きを書いていこうと思います。