ホンダも停止計画発表。埼玉狭山と熊本

新型コロナの影響が広がるなかで、
ホンダも4月の
国内工場停止計画を発表しました。

生産休止は埼玉狭山と熊本

ホンダ公式ホームページによると、

・埼玉県の狭山完成車工場
・熊本県の熊本製作所

の2か所において、

来月4月中に2稼働日の生産休止を
予定しているとのことです。

生産休止日数や期間は以下の通りです。

所在地工場名生産休止日数休止期間
埼玉県埼玉製作所 狭山完成車工場2稼働日 4/16~4/17
熊本県熊本製作所(二輪完成車工場)2稼働日 4/13~4/14

※情報ソースリンク

休止理由は部品調達やヨーロッパ需要など

先日23日にはトヨタ、
24日にはマツダが
停止計画を発表しましたが、

今日27日には、
ホンダも国内工場の停止計画を
発表しました。

NHKニュースの報道によれば、

・埼玉狭山製作所はコロナの影響による
 部品調達困難などの理由から。

・熊本製作所はヨーロッパでの
 二輪販売需要が低下していることから。

今回の停止計画に至ったとのことです。

トヨタとマツダが停止計画を出したため、
ホンダも同じような措置をしても
おかしくはない状況ではありました。

政府は雇用調整助成金の拡充を検討。大企業は4分の3が国負担になる可能性

今回、自動車メーカーが
生産の一時休止などを
相次いで発表したこともそうですが、

新型コロナの影響により、
休業や営業中止などの
措置をとらざるを得ない企業が増えています。

そのため、日本政府は雇用調整助成金の
さらなる拡充を検討しているようです。

拡充案は、

大企業の休業手当の国負担額を
2分の1→3分の2

中小企業では国負担額を
3分の2→10分の9

となっています。

※情報ソース



先日、
マツダが休業に際して9割の賃金保障
をすることについて記事にしましたが、

国の負担額が増えれば、
大手自動車メーカーも、
休業手当の割合を増やしやすくなりますので、
期間工にとっていいことだと思います。