期間工のキャリアについて考える

期間工として働いたとき、
一度は考える“将来のキャリア”……
期間工である僕らは、
どのように生きていけばよいのでしょうか?

期間工ループ法

期間工は契約更新に上限があるので
同じメーカーにずっと
勤め続けることはできませんが、
「自動車ライン作業経験者」の肩書があれば
他のメーカーへの期間工再転職は比較的簡単です。
そのため、期間工としてメーカーを転々とすることを
俗に「期間工ループ」と言いますが、
生き方の選択のひとつとしては
わりとアリな方法です。

3~5年くらいで所属する会社が
変わってしまうものの、
退職したらすぐに次の期間工先を決めるか、
あるいは期間工と期間工の間の空白期間を
失業保険などを活用して埋めることができれば、
年収換算では継続した収入を得ることができます。

なので期間工としての再就職が難しくなるような
50代くらいまでは期間工を続けて、
年齢による不採用が続くようになったら
期間工を終了し、警備やビル管理など、
年齢が高くても比較的採用されやすい職業に
キャリアチェンジするという方法が考えられます。

この「年齢的限界まで期間工ループ法」
のメリットは、
期間工から期間工に移るまでの間に
任意のタイミングで“自由期間”を
作りやすいということです。
自由期間の長さは人や状況によって違うでしょうが、
失業保険を活用する場合は
1~3ヵ月くらいと考えられます。
社会人の夏休みだと思って
遊びに興じることもできるし、
事前に計画をたてて旅行に行ったり、
まとまった時間を利用して
勉強や資格取得も可能でしょう。

僕も失業保険期間にどっぷりネットゲームにはまった
ことがありますけど、
ふつうに正社員として同じ会社に勤め続けていたら、
“社会人夏休み”なんて不可能に近いので、
それができるのは期間工ループの
メリットだと思います。

デメリットとしては、
状況を他人に理解されずらい、ということです。
期間工をやったことのない人からしたら、
3年くらい勤めたところを
強制的に辞めないといけない時点で
「????」って反応をされるので、
説明がめんどくさい、というかもう諦めてます(笑)

期間工同士だったり、期間工ループしてる人なら
ちょっと話せばわかってくれるので
同じ環境にいる人は話が早くて楽だなと思います。

「僕が期間工に魅了される理由」でも書きましたが
自分なりに考えた結果、
合理的だと思ってる生き方なので
別に適当に考えてるわけじゃないんですけどね……

期間工からキャリアチェンジ

期間工ループをせず、
あるいは期間工ループをしているが、
最終的には別のキャリアに行く、という方法。
期間工はサラリーマンの中では、
時間的制約が少ないほうなので、
キャリアチェンジへの行動を起こしやすいです。

休日に呼び出されることなんてまずないので、
休日はまるまるそのための時間に
充てることができます。
まとまった時間や期間がどうしても必要なら、
前項で書いた、
「社会人夏休み」を作ることもできます。
そのための資金が必要なら、浪費しなければ
貯金も十分可能な年収と条件(無料寮など)です。

このようにキャリアチェンジの道へ
移行しやすい条件がそろっているので、
本人がそのために
時間を費やす覚悟さえできれば、
期間工がキャリアチェンジへ
舵をきることは十分可能だと思います。

キャリアチェンジするなら何をするか?

人によってやりたいことは全然違うと思うので、
抽象的な言い方しかできないのですが、
「自分の好きなこと」
「今までに得意だと感じたこと」
に関連する職業や資格を
目指してみるのがいいと思います。

僕の場合は、「文章を書くこと」が
昔からわりと得意なほうだったので、
ブログをやっていますけど、
現状は副業というか趣味の範囲なので、
キャリアチェンジに繋がるかどうかは
分からないです。

ただ、期間工ブログは世にたくさんありますので
いま現在期間工をやっていて、
ブログに興味がある人は
ぜひやってみるのもいいと思います。
ホームページ作成に関する知識も多少つきますし、
自分の備忘録だったり日記的な使い方も可能です。

僕はブログを始めるときにまず最初に書店に行き、
ブログ初心者関係の書籍コーナーで
立ち読みした結果、
「世界一やさしいブログ×YouTubeの
    教科書1年生/ソーテック社」

を買って、この本を片手にブログをはじめました。
図解もあってわかりやすかったので、オススメです。

期間工ブログの始め方について、
もしかしたらまた別に記事にするかもしれません。
よかったら読んでみてくださいね。

(追記)ブログを始める準備知識について書きました。
    よかったら読んでみてください。