期間工ループのメリット

期間工から期間工へと、
期間工を繰り返す働き方は
「期間工ループ」と呼ばれていますが、

実際に期間工ループをすることについては、
現役期間工からしても、賛否両論あります。

期間工ループには、実際問題として、
メリットもデメリットも両方あるからです。

今回は、
その期間工ループの
メリットとデメリットについて

ざっくりとまとめてみました。

※記事がそれなりに長くなったため、
 2つに分けることにしました。
 この記事は「メリット」についてのみです。

期間工ループのメリット

期間工ループのメリットには、

・社員よりも自由度が高い
・福利厚生が良い
・お金を貯めやすい
・夢や目標への土台を築きやすい
・意外と生活は安定している

などがあります。

単純に、単発の期間工でも
実感できる部分も多いですが、

期間工ループをする
=期間工のメリットを長期間享受し続ける
ということなので、
同じこととして取り上げています。

では、ひとつずつ解説していきます。

社員よりも自由度が高い

期間工の勤務時間は
はっきりと決まっているのが普通で、
社員あるあるのような
「退勤時間の曖昧さ」がありません。


残業がないなら
きっちり定時通りに退社できますし、
残業があっても「何時まで」と
時間がしっかり決まっています。

休日は間違いなく休めますし、
休日出勤は事前に予定が伝えられます。
休日中に急に電話で呼び出されたり
することはまずありません。

このため社員よりも
終業後や休日の予定が立てやすく、
会社に束縛されている感が少ないため、
社員よりも自由度が高いのです。

期間工ループ状態であると、
これが当たり前の勤務感覚になっていきます。

福利厚生が良い

期間工というのは、
「日給という給与体系」
「短期間での人の出入りが激しい」
といった点で
フリーターのような働き方です。

しかし、
期間工は一般的なフリーターよりも
福利厚生がかなり優れています。

健康保険、厚生年金への加入はもちろん、
年末調整などもだいたいやってもらえますし、
(自分で確定申告の会社も一部あるようです)
定期健診もあり、
シャワー室、売店などの工場内施設も
従業員として利用できます。

(やろうと思えば)お金を貯めやすい

期間工は普通、入寮が可能なので、
家賃がほとんどかかりません。
水道光熱費が無料の場合は、
変動固定費もかかりません。

そうすると必要になるのは
食費のみですが、

工場や寮の食堂で
安価な食事が提供されていることも多く、
この場合は食費すら安く抑えることができます。

貯蓄の基本は
「支出をできるだけ減らすこと」です。

アパート一人暮らしなどに比べると、
期間工はかなり貯蓄がしやすい
と言えるでしょう。


ただし、実入りが増えても
使ってしまえば残るお金は同じです。
なので、
(やろうと思えば)と書きました。笑

期間工でそれなりの給料をもらっても

そのぶん浪費をしてしまう人は、
少なくないと思うので……

夢や目標への土台を築きやすい

期間工は、
「社員よりも自由度が高い」
「貯蓄を行いやすい」
という点の合わせ技により、

「夢や目標への土台を築きやすい」
というメリットを持っています。

例えば専門学校に通う
学費を貯めたい場合は、
それなりの勉強時間などを確保しながら
学費を貯めることができます。

起業や開業のための準備をしたい場合は、
資金を貯めながら、
「準備」を進める時間も確保できます。

また、勉学にせよ事業にせよ、
始めるタイミングが来たときには
満了などで素早く退職することができます。

このように、期間工ループは
「次のステージ」への土台
築きやすいと言えます。

意外と生活は安定している

期間工は短期の離職と就職を
繰り返すことになるため、
期間工をよく知らない人からすると
「期間工って不安定そうだ」
とレッテルを張られがちですが、

思いのほか、
実際の
期間工ループ生活は
安定していたりします。

まず、期間工は数か月ごとの更新タイミングで
いつでもクビにされるリスクがありますが、
実際のところほとんどクビになりません。

雇用の調整弁なので
リーマンショックのときは
盛大に切られたようですが、
今回のコロナ渦では
切られたという話を全然聞いていません。
(リーマンのときの経験則や、
 十分な内部留保の存在、
 国の強力な休業手当支援など
 理由はいろいろあるとは思いますが)

つまり、ほとんどの場合、
自分から辞めない限り収入は途絶えないわけで、
満了退職後でも失業保険などを
上手に活用できれば

無収入の期間はほとんど無くなります。

そのため、思いのほか
期間工ループというのは
生活的に安定していたりします。

メリットを生かせば、期間工ループにはいいところがたくさん

束縛されすぎない仕事に喜びを感じる
夢や目標へ向かうための土台が必要など、

期間工によって生じるメリットを
活用できる理由や考え方を持っているならば、
期間工ループには
数多くの魅力を見出すことができます。

言い換えるなら、
期間工ループを「良い」と感じるかどうかは、
本人の考え方や状況にかなり依存する
ということが言えるでしょう。