【優良対応】三菱自動車が生産休止拡大も、雇止めなし+一時帰休+休業手当

既に停止計画を発表している三菱自動車が、
ライン停止計画の拡大を発表しました。

しかし、雇止めはなく休業手当もありで、
三菱自期間工は連休に入ることになりそうです。

水島1ラインのみ停止→全工場停止へ

三菱自動車公式ページおよび
NHKニュースによると、

4月2日、三菱自動車は、
国内自動車ラインの
停止計画の
拡大を発表しました。

水島製作所の第1ラインのみ
停止する予定でしたが、

今回4月2日に
新たに発表された計画では、

・水島第2ライン
・岡崎製作所
・パジェロ製造工場

が停止計画に追加。

三菱自動車の国内全工場が
停止することになります。


停止する工場・ラインと、
停止期間は以下の通りです。

所在地工場(ライン)停止期間
岡山水島製作所(第1組立ライン)3/27-4/10
岡山水島製作所(第2組立ライン)4/6-4/23
愛知岡崎製作所4/9-4/17
岐阜パジェロ製造(株)※子会社4/13-4/20

※4/3 11時時点。 参考情報元:三菱自動車公式ページ

雇止めはなし。
一時帰休+休業手当の優良対応

山陽新聞の報道によると、
今回の大規模生産休止にあたり、

雇止めはなく、一時帰休+休業手当で
対応する予定とのことです。

生産ラインや工程管理の従業員約3千人の雇い止めや配置転換はせず、一時帰休させて休業手当を支払う予定。総務部門などは業務を続ける。新入社員も出勤して研修を受ける。三菱自は「雇用維持に努めるとともに、地元協力会社への影響を調査し、支援を検討していく」としている。

引用元:山陽新聞


なお、休業手当の割合については
報道されていません。
(労働基準法では60%以上)

仮に最低ラインの60%支払いだとしても、
雇止めなし+一時帰休とのことなので、

三菱自期間工は
雇用と収入を維持されたまま、

長期連休に入ることができます。

通常時より給料は減ってしまうものの、
出勤しないので不労収入同然です。

期間工目線では、
嬉しい対応と言えると思います。


情報ソースリンク↓