日産九州でも新型コロナ感染者発覚。ライン停止

日産九州の工場でも、
新型コロナへの感染者が発覚しました。

トヨタ高岡工場、トヨタ九州宮田工場に続いて、
国内の自動車工場では3例目となります。

感染者は20代の男性従業員

日産の公式ページおよび
日本経済新聞によると、

今回感染が発覚したのは、
日産九州の製造工程勤務の、
20代男性従業員1名。


正規社員か、期間従業員かは
公表されていません。

男性は3月24日に38度の発熱。
病院にて風邪薬を処方され、
一時は症状が改善。

そのため25~27日の3日間は
職場にて勤務に当たりましたが、

嗅覚などに異常を感じたため、(注1)
28日に帰国者・接触者相談センターに相談。
30日に同センター外来を受診し、
31日にコロナ陽性が確認されました。

(注1)
 最近新型コロナへの感染者のなかで、
 確認されている症状のうちの1つ。
 嗅覚や味覚が鈍くなったり、
 逆に過敏になることがある。
 ただし、その症状だけで
 新型コロナへの感染の断定はできないため、
 この日産九州の男性のように、
 心配なときは帰国者・接触者相談センターへ
 まず相談することが大切です。

31日の夜にライン停止+消毒。
再開時期は保健所と相談

日産九州は従業員からの感染者の発覚を受け、
31日の夜勤からライン稼働を停止し、
消毒を実施しました。

再開時期は保健所と相談の後、
決定するとのことです。

情報ソースリンクなど↓