寮ごとの違い

期間工の寮と一言にいっても
建物ごとにけっこう違いがあります。
説明していきます。

それぞれの寮による違い

ひとつの会社(工場)でも
複数の寮を所有しているのが普通で、
また寮によって様々な違いがあります。

例えば、
寮食堂のありorなし。
個室にトイレや洗面台があるか。
そもそも部屋は個室か、相部屋か。
共同浴場の広さ。
立地、
などです。

どの寮に配属されるかは
入社したタイミングで
空きがある寮にランダムで
振り分けられるため、
ほぼ運といえます。
入寮の際はいい寮にあたるよう
願掛けを行うしかないです。

古い寮、新しい寮

風呂、トイレ、洗面台(蛇口)、洗濯場など
水場が共有になっている寮は多いです。
比較的築年数が古く、大型の寮ほど
この傾向が強いように感じます。

逆に比較的新しめで、
最近建てられている寮は
個室にトイレ、洗面台があったりするようです。
(おそらく洗濯場は共有)

それから古く大型の寮だと
寮食堂がある場合がほとんどで、
逆に新しめの寮だと
食堂がない場合も少なくないようです。

こうして書いていて気づきましたが、
寮は共有・共同のつくりから
個人志向のアパート系に
シフトしているように感じますね。
時代の流れなのでしょう。

それぞれの寮のメリット

このように期間工の寮、と
一言に言っても会社や寮ごとに
けっこうバラバラだったりするものです。
なので、設備ごとのメリットを
抜き出して書きます。

・寮に食堂がある
→言わずもがな食事の準備をする必要がない。
 喫食代金はもちろんかかります。
 週末もインドア派の人だと、
 会社と寮の往復だけでほぼ完結させる
 ことも可能です。

・個室にトイレや洗面台がある
→他人を気にせずゆっくりトイレに
 居られるというのは結構重要です。
 歯を磨いたり、手を洗ったりする度に
 いちいち部屋をでなくていいので
 洗面台の存在もけっこう大きいです。

・大型の共同浴場
→賛否両論になりがちであると思います。
 銭湯などが好きなタイプならメリットか。
 風呂掃除をする必要がないのは楽です。

・寮の周辺設備
→近くにコンビニがあるか
 近くに駅があるか
 この2点はかなり重要です。
 なくても死なないが、
 あるとかなり助かる要素です。

まとめると……

・同じ期間工寮でも、
 寮の建物によって大きく違ったりする。

・古めの寮は共同生活志向、
 新しめの寮は個人生活志向で
 設計されているように感じる。

・入寮先は運であるうえに
 寮ごとがもっているメリットも
 バラバラなので、
 当たった寮の中で
 自分らしい生活リズムを
 模索していくのが吉。