期間工は職歴になるのか?

期間工は職歴として機能するのか?
その後の就職に有利か、不利か。
考察していきます。

期間工は、職歴になる。

結論から言いますが、
期間工は職歴になります。

以前の記事でも言いましたが、
期間工とはつまり
大企業工場で働く契約社員です。

基本的にしている仕事内容は、
役職なしの一般社員の方がしていることと
ほとんど変わりません。
ですから、契約で期間限定ではあったものの、
大企業の一般職員と同じ仕事で3年なら3年、
勤め上げましたと胸を張ればよいのです。


ただし契約途中に自己都合退職していたり、
3か月や6か月くらいの短期間満了だと
マイナスになる可能性があります。

これは期間工どうこうは関係なく、
ひとつの職場を短期間退職したとなれば、
イメージがよろしくないのは当然です。

期間工を終えたのちに
他社企業への正社員転職を
考えているのであれば、
基本的には3年フル満了を目指しましょう。
面接時に退職理由を聞かれないからです。

フル満了でないとしても、
最低でも1年は
続けるのが望ましいと思います。

期間工としてアピールできること

ライン工は自分の工程に関しては
プロフェッショナルですが、
いろいろな作業を経験していないために
自分の仕事経験なんてアピールにならないと
思っている人もいるかもしれませんが、
そんなことはありません。

作業内容そのものは肝心ではなく、
どういう姿勢で臨み、
継続し、
どういう結果を残したか、
がもっとも重要です。

なぜならここから
その人の仕事に対する
姿勢が見えるから
です。

たとえばある部品を
ひたすら取り付ける仕事で
3年フル満了したとします。
取り付けミス(不具合)は
一回やってしまったとしましょう。
この場合、

・大企業の職場環境で
 3年勤め上げた。(経験と継続)
・たくさんの同僚が途中満了したが
 自分はフル満了した。(根性、根気)
・同じ作業を一定の品質を確保しつつ
 3年間続けた。(仕事への集中力、継続性)
・一度ミスをしてしまったが、
 再発防止にはどうすればよいかを
 自分で考え、その結果、
 その後は同じミスはでなかった。
 (仕事方法の自己改善能力)


これだけアピールできるポイントがあります。

最低でも1年は続けたい理由

この理由は簡単で、
1年未満で退職すると、
上記のアピールポイントが
ほとんど適用できなくなるからです。

どうしても1年未満で
辞めたいというときは、
転職先が決定してから
途中満了しましょう。


数か月で辞めてしまった元期間工よりも、
数か月で転職しようと行動中の現期間工の方が
はるかにイメージがよく
面接にも強いと思われるからです。

まとめると……

・3年フル満了した期間工とはすなわち、
 「大企業の契約社員として
 3年がんばって勤め上げた人」である。

・期間工を面接アピールするときは
 仕事内容そのものではなく、
 仕事のやり方や姿勢・継続力をアピールする。

・期間工を短期で辞める場合は、
 転職先が決まってからにしたほうが無難。