期間工と失業保険について

期間工は離職時に
失業保険を受けられるのか?
説明していきます。

失業保険とは

失業保険とは、会社を退職して
失業中となったときに、
雇用保険からお金がもらえる仕組みです。
雇用保険は入社したときに自動で加入して、
毎月の給与から天引きされています。

在職期間中の月給平均の
おおよそ60%の給付を、
およそ一か月に一回、
3~4回にわたって
受けられます。(90日分)

僕はこれまでに
期間工を満了退職時に
3度、失業保険の給付を受けています。
おおよその月額は
15~16万くらい
でした。

つまり合計で50万弱
もらえるということです。

元期間工は失業保険をもらえるのか?

いろいろ細かい条件があるので、
基本的には最寄りのハローワークで
確実に確認していただきたいのですが、

・自己都合でなく、
 契約更新のタイミングで円満退職
 (フル満了でなくてもよい)
・最低でも一年働いた


この二つを満たしていれば、
基本的にはもらえます。

退職後2週間くらいで離職票という紙が
会社から郵送されてくるので、
それを持って
最寄りのハロワに行きましょう。

支給開始は即日ではない

1年以上働いて契約更新のタイミングで
円満満了退職した期間工が、
特定理由離職者として認定されると
「給付制限」という待期期間なしで
失業保険をもらえます。

しかし、この場合でも
即日もらえるわけではありません。
離職票が届く早さと、
ハロワの「認定日」というものの
タイミング次第でかなり変わってきます。

最初の失業保険の振込を得るまでに、
退職日から数えて最速でも2~3週間、
通常は1か月くらいかかる

思っていたほうがよいです。

また、最初の振込は30日分ではなく
15日分だったりするので
(これも離職票と認定日の
 タイミングで変わります)
1回目の振込は10万もない
思っていたほうが無難です。
僕の場合は、
8万くらいだったと思います。

失業保険をあてにしすぎて
退職時の貯えを怠っていると、
1か月間お金がなくて
極貧になりかねない
ので
ここは本当に注意してください。

まとめ

・元期間工の失業保険は
 月15万×3回くらいが目安。
 ただし初回振込(15日分?)は
 10万円未満。

・1年未満の退職だったり、
 契約途中(更新タイミングでない)
 の自己都合退職だともらえない。

・期間工退職後に
 失業保険を活用できると大きいが、
 あてにしすぎるのは危険なので
 多少は貯えておくべき。



最低限でわかりやすいように、
細かいところは
ちょっと強引に書いています。
(たとえば期間工6か月でも
 前職との雇用保険が合算1年以上なら
 もらえる可能性があったりします)
重ねて言いますが、
最寄りのハロワに
聞くのが一番確実です。


期間工と相性がよい制度に、
早期就職者制度というものもあります。
また記事にしようと思います。