米トランプ大統領「武漢ウイルス研究所がコロナ感染発生源と確信」

アメリカのトランプ大統領が、4月30日、
ウイルス発生地は武漢の研究所であると
確信している旨の発言をしました。

「証拠を見た」

産経新聞は、5月1日、
新型コロナウイルスの発生源が
武漢の研究所である証拠を「見た」という、
米トランプ大統領の発言を報じています。

トランプ米大統領は4月30日、ホワイトハウスで記者会見し、新型コロナウイルスが中国湖北省武漢市にある中国科学院武漢ウイルス研究所から流出した疑いが出ている問題に関し、ウイルスの起源が同研究所であるとする証拠を「見た」と述べた。

引用元:産経新聞


また、ロイター通信でも
トランプ大統領の発言について、
同様の報道を行っています。

トランプ米大統領は30日、新型コロナウイルスが中国武漢の研究所が発生源となっている可能性を確信していると述べた。

引用元:ロイター通信

証拠や調査状況などの詳細については触れず

ただし、トランプ大統領が「見た」とする
証拠や調査報告などの詳細については

「言えない。開示を許可されていない」

引用元:産経新聞


とも発言しており、
証拠などの開示までには至らず、

武漢研究所コロナ発生説への
確信を深めたとの表現に留まっています。

一方、ロシアでは首相が感染

対米路線で中国と
協力傾向にあるロシアですが、


4月30日、
ロシア首相へのコロナ感染が
発覚したと報じられました。


今後、「武漢研究所コロナ発生説」の
強力な証拠がアメリカから開示されれば、

ロシアすら中国政府に
どういう対応をとるかは未知数です。

関連性の高い記事