期間工の職場の雰囲気

期間工が働く工場の
職場の雰囲気はどんな感じなのか?
説明していきます。

大まかにわけて2パターンある

僕のこれまでの経験からいって、
工場の職場には2パターンあります。

それは、
・厳しめだが、人間関係があっさりしてる
・優しいが、人間関係が複雑になりがち

の2パターンです。

前者はミスしたり、
態度が悪かったりすると
けっこう厳しく怒られますが、
同調圧力が弱く、
自分の仕事をちゃんとやってさえいれば
比較的気楽にやっていくことができます。

後者は
ちょっとしたミスや不適切な態度にも
比較的寛容な傾向にありますが、
部署やチーム、班の中で
暗黙の派閥が生まれやすく、
人間関係のめんどくささを感じることが
前者に比べるとあります。

一人派orみんなで派

厳しめ職場優しめ職場
について書きましたが、
それぞれの職場は
どういう人に
向いているのでしょうか?

厳しめ職場は、
一匹狼タイプで、
自分のペースでひたすらやりたい
という人に向いています。


仕事をきちんとやっているだけで
そこそこに評価してもらえるので、
コミュニケーション能力が低くても
仕事への姿勢で十分に補えるでしょう。

優しめ職場は、
集団行動タイプで、
みんなと仲良くやっていきたい
という人に向いています。


仕事をきちんとやれば
もちろん評価されますが、
コミュニケーションが不足がちだと
やや疎外感を感じながら働くことに
なるかもしれません。

慣れれば善し悪し

結局のところ、働いていて慣れていけば
それなりに環境には適応していきますし、
どちらがよいということは言えません。
これも隣の芝は青くみえる現象
といえるでしょう。

厳しめ職場でも
コミュニケーション能力の高さを生かして
上手いことやってる人はいましたし、
優しめ職場でも一匹狼を最後まで貫いて
もくもくと仕事のみをこなし、
フル満了まで勤め上げる人もいます。

まとめ

・期間工の職場では、
 優しさの度合いが人間関係の複雑さと
 比例しているような傾向がある。

・コミュ力の低い人は
 厳しめ職場のほうがやりやすいが、
 優しめ職場でもマイペースに
 やっていけば十分満了することができる。

・安易に職場を変えても、
 よかったところと悪かったところが
 逆になると別のしんどさが生まれるだけ。
 とりあえずは現状の期間工職場の
 いいところを見直してみるのが吉。